過払い金請求費用安い

過払い金請求の費用が安いのはどこ?

過払い金請求の費用が安いのはどこ?

過払い金請求をしたいけど、費用がいくらかかるのかわからない。

 

だから、やっていない。

 

という方も多いことでしょう。

 

 

私は過払い金請求をし、払いすぎた利子を取り返しました。

 

過払い金請求は自分でもできるのですが、ほとんどの人は司法書士か弁護士に依頼します。

 

過払い金請求は債権者(消費者金融やカード会社)と交渉しなければならないので、司法書士や弁護士のプロにお任せしたほうが賢い選択といえます。

 

素人だと、金融屋さんはなめてきますから。

 

私は、司法書士に依頼しました。

 

過払い金請求を依頼するならここ! ⇒ アヴァンス法務事務所

 

 

過払い金請求にかかる主な費用

仮に成功報酬が20パーセントだとし、取り戻した過払い金が100万円だったとします。
この場合、成功報酬として支払う金額は20万円になります。
けっこうな金額ですが、取引履歴を取り寄せたり、引きなおし計算をしたり、過払い金を特定したり、債権者と交渉する手間を考えたら、それほど高いとは思いません。

 

過払い金請求の成功報酬はいくらくらい?

過払い金請求をした場合にそれを依頼した弁護士への成功報酬はどの程度なのかと思っている人も多いかと思います。
一般的には過払い金請求をする場合の費用は着手金、解決報酬(成果報酬)、過払い報酬になります。
着手金は依頼を正式に受けた場合の初期費用になります。多くの場合は一件につき2万〜3万円ということが多いです。
これは、相談をしたというだけの時には発生しません。
過払い金の簡単な計算などは無料でしてくれる所が多いです。
過払い金請求の場合には着手金が無料という弁護士事務所も多くあります。
解決報酬金は、過払い金返還に成功した時に支払うもので一社あたり2万円となります。
そして、過払い金請求が成功した時の、成功報酬は実際に取り戻せた過払い金の返還額の20%が相場となっています。
それが、和解ではなく裁判を行った場合には25%程度になる場合が多いです。
過払い金請求を行った場合の成功報酬の上限額は日弁連で規定されています。
着手金や解決報酬(成果報酬)を除いて、訴訟をしない場合には最大20 %、訴訟をする場合には最大25%と決められているのです。
過払い金請求をするには本人自らがすることもできます。
そうすると一般的には費用が安くはなりますが、返還金額の減額を求められることもあり、弁護士などに依頼することがおすすめとなります。

 

あと、事務所によっては、通信費や郵券代がかかります。
郵券代は、過払い金の返還で和解したときに交わす「和解書」の印紙代など。

 

そのほか細々とかかる事務所もあるようです。

 

 

着手金のかからない事務所に依頼

過払い金返還請求は、個人でもできないことはないですが非常に面倒くさいです。貸金業者もなるべく返還したくないために、のらりくらりと逃げようとします。そこで弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。気になるのは過払い金返還請求の費用です。そこで一体いくらくらいの費用がかかるかを紹介します。
現在弁護士事務所や司法書士事務所にとって、過払い金返還請求は稼ぎ頭となっています。ですから相談料は無料な事務所が多いですし、中には交通費を負担してくれる事務所もあります。こう書けばよっぽど儲かるんだと怖くなるかもしれませんが、ほとんどの事務所で成功報酬制となってので依頼者は損をすることはありません。それでも大手の弁護士事務所では着手金(2万円前後)も取られる場合も多く、なるべく着手金のかからない事務所で依頼するのがお得です。また過払い金が無事に返還された場合、成功報酬金として2万円前後取られる場合もあります。
ここからが肝心の部分で、過払い金が貸金業者との交渉で返還された場合は返還された金額の20%までの報酬となります。なお裁判まで行って勝訴した場合は、手間がかかった分返還された金額の25%までの報酬となります。
いずれにせよ過払い金請求権は完済後10年で消滅時効にかかるので、お早めに弁護士や司法書士に相談されることをオススメします。

 

過払い金請求の費用が安い法務事務所はこちら

過払い金請求に力を入れている法務事務所・法律事務所は多数あります。

 

そのなかでおすすめできるのは、アヴァンス法務事務所。

 

アヴァンス法務事務所はこちら

 

  • 相談は無料(電話相談もできます)
  •  

  • 着手金なし
  •  

  • 成功報酬は20パーセント

 

相談無料、着手金なしなので、気軽に相談してみましょう。

 

まずは、過払い金があるのか、取り戻せそうなのかを無料相談で聞いてみてください。

 

 

 

ほとんどの人が過払い金請求をしないで時効を迎える

「過払い金」に興味を持っていても、ほとんどの人は返還請求をしません。
「なんだか如何わしい」と思い、請求をしない。または、先送りにしてしまう。
だから、駄目なんです!

 

ほとんどの人は、↓のような考えだと思います。

 

過払い請求してみたいけど勇気が出ません

 

社会に出た頃に初めてクレジットカードを作り、使い始めました。
なので、使用歴はかれこれもう20年以上になりますね。
もしかしたら過払いなどあるのかもしれないなと、テレビCMを見ながら感じていました。
調べてみたいけれど、自分一人ですべてこなすには敷居が高すぎます。
かといって法律事務所もなんとなく近寄りがたい気がするのです。
最近、とても大きな事務所も、なんだか業務停止になりました。
ああいうのを見てしまうと、尚更、尻込みしてしまいます。

 

実は、友人で過払い請求を実際にしてみたという人も、いるにはいるのです。
でも話を聞いてみると、とても淡々と事が進んでいたようでした。
一度、事務所へ以来に行って話を聞いてもらい、その場で契約をしたそうです。
ですがそれから後は3ヶ月くらい音沙汰がなかったとのことでした。
本人も頼んだことを忘れかけていたころに、電話があったそうです。
結局、過払い金はなく、手元には1円も入ってこなかったとのことでした。
結構、びくびくしながら弁護士に相談したのに、こんなもんか…と残念そうでした。

 

その友人の話がもっと明るい物であれば、私も過払い金請求の調査をする勇気が出たかもしれません。
いまだに迷ったままです。

 

上の文章は、ある人の書いていただいたものです。
おそらく、この人も過払い金の返還請求をしないで時効を迎えるはずです。いや、すでに時効のなっているかもしれません。

 

 

 

過払い金請求 - 確実に取り戻すために押さえておきたいポイント

ここでは、過払い金請求に必要な知識と情報を掲載します。
過払い金請求をされる方は、一通り読んで、理解しておきましょう。

 

利息制限法とは? なぜ、過払い金が発生するのかを知っておく

利息制限法とは、貸金業者からお金を借りる際の金利の利率の上限を定めるものです。定められた利率の上限を上回る場合は無効となりますので、返還請求をすることでその超過分を取り戻すことができます。これを過払い金請求といいます。
利息制限法が定められる前までは、民事上では問題が生じても刑事上では処罰がされないといういわゆるグレー金利と呼ばれる高い金利で利益を得ている貸金業者がたくさんありました。しかし、今は利息制限法で15〜20%と金額に応じて金利の上限が定められているので貸金業者はグレーゾーン金利で利益を得ることができなくなっています。
利息制限法が定められてからは、過払い金請求を行う人も増えてきています。過払い金請求は、まだその貸金業者に債務が残っている人でも完済した人でも手続きを行うことが可能です。
債務が残っている人は任意整理の手続きの一環として行うケースが多く、大幅な借金の減額につながります。完済している人は手続きをすることでちょっとした臨時収入を得ることができます。貸金業者との取引を長期にわたって行ってきた人は過払い金が発生していることがありますので、引き直し計算をして確認してみましょう。

 

過払い金返還請求のデメリットやリスクとは? - 後悔しないために理解しておく

過払い金返還請求とは、借金をした場合に法律で定められている制限利息を超えて利息を支払っている場合に、この超過利息分の返還を請求できるというものです。
払いすぎたお金が返還されるため、一見メリットしかないように思われますが、デメリットとなる部分があることにも注意が必要です。
過払い金返還請求をした場合にまず考えられるデメリットとしては、返還請求をした金融機関からお金を借りることができなくなるということです。そのため、今後も借入を行う可能性が高い場合などには注意しなければなりません。
また、過払い金返還請求をすることで、請求を行った金融機関とは異なる金融機関からの借り入れも難しくなるといったリスクがあります。
返還請求を行った時点において、その借入金が返済途中であったような場合で、さらに過払い金返還請求によって全額返済に至らないような場合には、信用情報機関へその情報が登録されることとなっています。これは、いわゆるブラックリストというもので、これに情報が登録されることでクレジットカードを作ることや、ローンを組むなど新たにお金を借りることが難しくなります。これについては、全額完済してから過払い金返還請求を行うといったやり方で防ぐことができます。

 

 

過払い金請求バブルの終焉

過払い金は完済後には10年間で時効になるので、そろそろ過払い金請求は時効がどんどん増えてきて下火になっていくものと理解できます。テレビやラジオやインターネットで見る日がないほどの弁護士事務所や司法書士事務所の過払い金請求関連の広告もピークアウトしていくことでしょう。
過払い金はもともとは出資法と利息制限法の上限利息に大きな差があったことがそもそもの原因です。これは法律に不備があったということが問題になると思われ、消費者金融が法律違反を初めから犯していたというわけではありません。しかし、過払い金請求が起こってから消費者金融は返還金で業績が大きく既存されたことだけは間違いありません。逆に過払い金請求によって濡れ手に泡で儲かったのは弁護士と司法書士というわけです。20%の成功報酬が安いか高いかは別にして、一般的な法律相談ではかなり高額な相談料を請求する弁護士も過払い金請求では成功報酬だけということになっていましたから、いかに過払い金請求が効率よく稼げるかの証明となっています。
弁護士と司法書士の争いもアチラコチラで起こっているようですし、ついには大手の弁護士事務所が業務停止ということも起こっています。バブルの終焉をしっかりと感じさせます。

 

 

サイト管理者から
テレビをほとど見ないのでよくわかりませんが、過払い金請求のテレビCMも減ってきたのでしょうか?
電車の中吊り広告は確実に減っているようです。
そろそろ、時効になる方も多く、過払い金請求も下火になっていくようですね。
でも、まだ間に合う人もいます。時効前に相談するべき。
迷っていると時効になってしまうので、あれこれ考える前に相談です。何十万円というお金を失うのですから。

 

 

過払い金請求にかかる主な費用

  • 相談料
  • 着手金
  • 成功報酬
  • 通信費
  • 郵券代

 

こんなところです。

 

 

相談料

相談したときにかかる費用です。

 

弁護士の場合、30分5000円。

 

無料のところもあります。

 

過払い金請求の案件に積極的に取り組んでいる法務事務所は、相談料を無料にしているところが多いようです(↓で紹介しています)。

 

着手金

過払い金返還請求の作業に着手したときにかかる費用です。

 

「初期費用」と考えてもよいでしょう。

 

金額は、法律事務所や法務事務所によってことなります。

 

 

過払い金返還請求を弁護士に依頼する場合、様々な費用がかかります。その中の一つである着手金は依頼した時点で発生するお金であり、手続きが成功しても失敗しても払わなければなりません。ですから、最初に着手金を支払い済みであっても、手続きが不成功に終わった時点で返還されることはなく、それに対してクレームを入れることはできません。このことを知らないと、実際に不成功に終わった後に依頼者がお金を返還してもらおうとしてトラブルになることがあります。着手金は問題を解決するために費やされた時間に対する対価ですので、活動費の一環として支払わなければなりません。
着手金に関しては、具体的な取り決めはなされていません。つまり、各事務所によって対応が異なるということですので、依頼する際には前もって確認しておくことが大切です。一般的な考え方として、手続きする消費者金融の会社の数が関係してきます。つまりたくさん依頼すればするほど着手金は高額になります。以前はたくさんの消費者金融会社から借入をして自転車操業のようなことをしていた人もたくさんいましたので、手続きしなければならない消費者金融会社の数がたくさんある人も少なくありません。

 

 

こちらも無料のところがあります(↓で紹介しています)。

 

成功報酬

過払い金を取り返したときにかかる費用です。
金額は法律事務所や法務事務所によってことなります。
たいがいの事務所では、取り戻した過払い金の○パーセントに設定されています。

 

相場は20パーセント前後。

 

仮に成功報酬が20パーセントだとし、取り戻した過払い金が100万円だったとします。
この場合、成功報酬として支払う金額は20万円になります。
けっこうな金額ですが、取引履歴を取り寄せたり、引きなおし計算をしたり、過払い金を特定したり、債権者と交渉する手間を考えたら、それほど高いとは思いません。

 

過払い金請求の成功報酬はいくらくらい?

過払い金請求をした場合にそれを依頼した弁護士への成功報酬はどの程度なのかと思っている人も多いかと思います。
一般的には過払い金請求をする場合の費用は着手金、解決報酬(成果報酬)、過払い報酬になります。
着手金は依頼を正式に受けた場合の初期費用になります。多くの場合は一件につき2万〜3万円ということが多いです。
これは、相談をしたというだけの時には発生しません。
過払い金の簡単な計算などは無料でしてくれる所が多いです。
過払い金請求の場合には着手金が無料という弁護士事務所も多くあります。
解決報酬金は、過払い金返還に成功した時に支払うもので一社あたり2万円となります。
そして、過払い金請求が成功した時の、成功報酬は実際に取り戻せた過払い金の返還額の20%が相場となっています。
それが、和解ではなく裁判を行った場合には25%程度になる場合が多いです。
過払い金請求を行った場合の成功報酬の上限額は日弁連で規定されています。
着手金や解決報酬(成果報酬)を除いて、訴訟をしない場合には最大20 %、訴訟をする場合には最大25%と決められているのです。
過払い金請求をするには本人自らがすることもできます。
そうすると一般的には費用が安くはなりますが、返還金額の減額を求められることもあり、弁護士などに依頼することがおすすめとなります。

 

 

 

あと、事務所によっては、通信費や郵券代がかかります。
郵券代は、過払い金の返還で和解したときに交わす「和解書」の印紙代など。

 

そのほか細々とかかる事務所もあるようです。

過払い金請求の費用が安い法務事務所はこちら

過払い金請求に力を入れている法務事務所・法律事務所は多数あります。

 

そのなかでおすすめできるのは、アヴァンス法務事務所。

 

アヴァンス法務事務所はこちら

 

 

実績が豊富。

 

そして、過払い金請求の費用が相場より安い。

 

  • 相談は無料(電話相談もできます)
  •  

  • 着手金なし
  •  

  • 成功報酬は20パーセント

 

相談無料、着手金なしなので、気軽に相談してみましょう。

 

まずは、過払い金があるのか、取り戻せそうなのかを無料相談で聞いてみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ